2015年8月12日 (水)

ご無沙汰しました(^^;)

ずいぶんブログもご無沙汰してしまいました。

サロンを閉店してもうすぐ2週間になります。
ホームページでもご案内しました通り、しばらくは出張トリートメントと化粧品の販売という形で営業いたしますので、引き続きよろしくお願いいたします。

当サロンからのご案内はこちらのブログの他にも、不定期でメルマガでもお送りしていますので、よろしければメルマガにもご登録下さい。

さて、8月といえば長崎と広島の原爆の日、終戦記念日とともに、今日は日航機墜落事故から30年になります。
平和、安全、命の尊さ、今日こうして生きていられることへの感謝…いろいろなことを考える季節であり、決して忘れてはいけないことを再認識する時でもあります。

暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続きそうです。
皆様、くれぐれもご自愛下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

チョコレートの思い出

昨日はバレンタインデーでしたが、チョコレートの思い出といえば…

小さい頃、板チョコは1列ずつしか食べさせてもらえませんでした。
テレビのCMで板チョコをかじるシーンがあってそれを見るたびに「一度やってみたい!」って思ったものです。
中学に入って電車通学になった時、駅の売店で板チョコを1枚買いました。
包みをあけて板チョコをかじった時のあの感激…どんなチョコレートよりも美味しかった気がします。

甘いものが大好きだった父の一周忌が過ぎました。
食が細くなりほとんど食べ物が喉を通らなくなった時でも、チョコレートなら口に入れると溶けるので食べていました。
父がこの世で一番最後に食べたのもおそらくチョコレートだったと思います。
仏壇に供えたチョコレート…バレンタインデーが終わったのでそろそろ母と一緒に食べます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

スマホデビュー!

ついに、ようやく、やっと…スマホデビューしました。
でもまだ使い慣れないので試行錯誤&四苦八苦しています。

皆さん、よく使いこなせていますねぇ(^_^;)
そんなわけで電話がうまく取れなかったり、メールがうまく送れなかったらごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

変わるもの、変わらないもの

2年ぶりにTHE ALFEEのライブに行ってきました。
今年はデビュー40周年記念だそうで…私が初めて彼らの夏のライブに行ったのが1993年ですから、彼らの歴史の約半分は見てきていると言えるかもしれません。

大好きだったF1レーサーのミハエル・シューマッハは昨年のスキー事故から復活して現在リハビリ中とか。大好きだったタカラジェンヌのわたるさん、とうこさん、早矢ちゃんは今はもう宝塚の舞台にはいません。大好きだったサッカー選手のゴン中山はこの前のワールドカップでいろいろな番組に出演していましたが、日本代表にはもういません。

何回もライブに行ったHOUND DOGやCHAGE&ASKAも今では見ることができず…。

でもALFEEはずっと変わらずにいてくれます。
相変わらず絶妙でさえてるトーク、時には熱く、時にはしっとりと聞かせてくれる曲の数々…いつまでも続けてほしいなぁ…。

それにしても40年目にしてさいたまスーパーアリーナをいっぱいにする力、還暦にしてフライングしちゃうたかみ~。やっぱりアルフィーはすごい!

久しぶりにこぶしを振り上げた結果…今日は右腕が筋肉痛です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

意外と多い!?

先日父を救急車で病院に連れて行こうとしたら、当直の医者に「税金の無駄遣い」と言われたことをこのブログに書きました。

そうしたら「実は私も…」っというお話をあちらこちらからいただき、救急車で病院に行って医者に「こんなことぐらいで救急車を使わないで下さい」と言われた人がけっこういることがわかりました。

確かに最近は救急車をタクシー代わりに使う人がいるらしいですね。
でも、ほとんどの人は通常の診察時間外に自分や身内の具合が悪くなったりけがをしたりして、どうしたらいいのかわからずに119番をするのではないでしょうか。
そして救急隊の判断で病院に運ばれるんだと思います。

医者にとっては「こんなことぐらい」だったり、診察してみたら大したことがなかったりしても、一般の人からすれば原因がわからない症状や耐えがたい痛みはとても不安になります。

その辺のことをわかってくれるお医者さんと巡り会いたいものです。

病院に行って心が傷ついちゃったら…もっとつらいですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつかは…

140620_1
「ダイヤモンドプリンセス」号を見に行ってきました。
この写真は赤レンガ倉庫から撮ったものです

父が海洋関係の仕事をしていたせいか、小さい頃から船や水族館が大好きで、大桟橋に大きな客船が入るとわくわくしてしまいます

外から眺めるだけじゃなくていつかは乗ってみたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

心のお片付け

父が亡くなってもうすぐ4ヶ月。
納骨も終わって部屋も片付きましたが、心にひっかかっていることがありました。

父が亡くなる2日前に、具合が悪くなったので病院に電話をして救急車で連れて行こうとしたところ、当直の医者は「救急車を使うのは税金の無駄遣いですから、タクシーで連れてきて外来の診察を受けて下さい」と言いました。
ほとんど動けない父を抱えて母はなんとかタクシーを捕まえて父を病院に連れて行ったところ、またしてもその当直の医者の信じられない対応が…。

それで母の心は傷つきました。
さらに担当医にも疑問に思ったこともあって、なんとなくすっきりしない状態でした。

そこで「横浜市医療安全相談窓口」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/soudan-madoguchi/
に相談したところ、
まずは院内の患者相談窓口(患者からの相談や苦情を受け付け、改善に向けていくための窓口)に相談してみること。それでも納得しない場合には、こちらの窓口では医師の診断や治療内容に関しての判断をすることはできないけれど、 相談者が希望した場合には、氏名等を出したうえで苦情や要望を伝達してくれることを教えてもらいました。

早速父がお世話になった病院の患者相談窓口に連絡をして、担当医と窓口の方と面談をすることになりました。
窓口の方(看護師さんでした)はとても穏やかで親切な方で、いろいろと話を聞いて下さり、担当医にも今更ながら疑問点を聞くことができました。

何をしても父が戻ってくるわけではないけれど、とにかく心の中にたまった疑問、不安、不満をすべて吐き出して「心の片付け」ができなければいつまでも落ち着かないですからね。

自分や大切な家族の体のことですから、遠慮しないで疑問点は担当医に聞くこと、納得いかなければ病院を変えることを検討することも必要なことだと思います。

病人やその家族はいろいろと不安を抱えています。
医療従事者にとっては当たり前のようなことでも一般にはそうではないこともありますし、些細な言葉でも傷つきます。
もしひどい対応をされたらしかるべきところに連絡をすることが、今後同じような思いをする方を減らすことができるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうなの!?

数日前から右の耳に違和感がありました。
なんていうか…水が入っているような、つばや水を飲み込むとごそごそいうような…。

それで耳鼻科に行ってきたのですが、耳・喉・鼻のどこも異常がなく、聴力も正常(突発性難聴でもない)ということで、先生の診断は「肩こり」

そういえば何年か前に耳が痛いと思って同じ病院に行ったら、やっぱりどこも異常がなくて「肩こり」の診断だったっけ。

肩や首のこりは耳の異常と間違えることもあるとか…。
皆様もお気をつけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

大切だからこそ…

「世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」 古今和歌集で読まれている在原業平の歌です。
「この世の中に、桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに」という意味で「桜が美しく咲き誇れば、散るのが心配になってしまう。この世の中に桜がまったくなければ、春の気持ちも、のどかなものであるのだが」ということだそうです。

私は大切な人のことを想うたびにこの歌を思い出します。
先月の45年ぶりに横浜に大雪が降った日。父が亡くなりました。 20年ぐらい前からいろいろな病気になりながらも何度も元気になってきた父でしたが、今回ばかりは力尽きてしまったようです。

父の体調が悪くなり家に引きこもりがちになってきた頃「少しは歩かないと足腰が弱って歩けなくなっちゃうよ。少しずつでもいいから散歩すれば」とよく声をかけました。
でも散歩に行けば行ったで「転んでいないか」「途中で具合が悪くなっていないか」と心配になって…。
家にいても入院していても「ちゃんと食事は摂れているのか」「どこか痛かったり苦しかったりはしていないか」と気になっていました。

母も私もそんな生活に疲れることもありましたが、父が亡くなってみるとやはり淋しいものです。

もうすぐ桜の季節です。 いつ咲くのか、雨が降ると散ってしまわないか…いろいろ心配はしても、やっぱり桜が咲くと気持ちが明るくなります。

大切だからこそいろいろ心配したり、時にはうっとおしかったりすることもありますが、やっぱり大切な人が元気でいてくれることが一番の幸せです。

皆様、どうかご自分の心と体の健康を大切にして下さい。
そしてまわりの大切な人たちの健康も大切にしてあげて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

紅葉

弘明寺界隈の紅葉がきれいです。
桜の葉っぱも赤く色づいています。

そして…小さな芽もすでに枝についています。
これから冬なのに、もう来年の春の準備が始まっているんですね。

131121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧